出会い系サイトも無事に終了

救急車に乗せられ、とりえず、病院に送られてきた。
そんなに長くはなかったので座り込んだところから、そう遠くではないのは感じた。
そして、運ばれて、急患室に入れられる。

意識が薄くはなかったけれど、痛みが強いため正常な状態でいることはできなかった。
そんな状態だから、診察をされても何が行われているかわからず、どうなるんだという気持ちがイライラ感を生むのであった。
そして、脳、血管などに問題がないかを調べるために、CT、MRIを使って検査をすることになる。
そのため、それぞれの装置がある部屋に運ばれるだが、運んでいる職員の運び方が下手だったのでいろんなところにぶつかる。
体をふれられただけで痛みを感じるので、ぶつけられた衝動でまた痛みを感じさせられた。
そんな目にあいながらも検査も出会い系サイトも無事に終了。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ